スタイリストになりたいなら専門学校に通おう【就活を全面支援】

MENU

ヘアとメイクのプロになる

ヘアケア用品

基本的なスキルを学ぶには

ヘアメイク好きな人のあこがれの職業としてあげられるのが、ヘアメイクアーティストです。ヘアメイクアーティストは、テレビや雑誌等のメディア、またはファッションショーやイベント等に出演するモデルやタレントのためにヘアメイクを行います。ヘアメイクアーティストの技術によって、対象者をより美しくすることができるとあって、非常に満足度の高い仕事といえるでしょう。ヘアメイクアーティストには特別な資格は必要ありませんが、かといって化粧品の知識やメイクの技術がなくては、実際に仕事を行うことは困難です。そのためこの職業を目指す人の多くは、メイクアップ専門学校か美容師専門学校で必要な知識とスキルを学んでいます。専門学校は2年制で、化粧品の成分や性質を学んだり色彩の特徴等を学ぶ座学と、実際にいろいろなシチュエーションでメイクを施す実習を行います。在学中にはコンテストやショー等のイベントが行われ、仲間と競い合うことでスキルアップが図れるだけでなく、客観的に自分の実力をはかることができるのです。メイクアップ専門学校、美容師専門学校は、基本的にはどちらも同様にヘアメイクの知識と技術を学びます。ただし、美容師専門学校の中には卒業後に美容師免許の国家試験を目指すカリキュラムが組まれているところがあり、この免許を取得すると就職に有利になると言われているのです。メイクアップ専門学校、美容師専門学校のいずれも修了時には、ヘアメイク事務所や化粧品メーカー、エステサロン等の活躍の場に就職を斡旋しています。

Copyright© 2018 スタイリストになりたいなら専門学校に通おう【就活を全面支援】 All Rights Reserved.